新着情報
News

  1. ホーム
  2. 社長のブログ

Blog
びわこオオナマズのひとこと

0420%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%aa%e3%81%be%e3%81%a5

2019年04月20日
『平成』から『令和』へ

『平成』もあと10日…。 5月1日、いよいよ現皇太子殿下と現皇太子妃殿下雅子さまが、令和天皇皇后両陛下に即位され、『令和』の時代が始まります。 ホームページ表紙の写真上(2枚目-湖国だから)の二首は、今から2 ...

img_5023

2019年03月22日
ホテル前の景観が変わりました…

JR南彦根駅西口からのケヤキ並木が伐採されてホテル前景が変わりました。開業以来、ホテル前の木々で四季を感じ、慣れ親しんだ景観が変わってしまいました。 昨年は、ホテル前の市営駐車場の地に市営駐輪場が建 ...

%e8%a5%bf%e6%98%8e%e5%af%ba

2018年11月12日
湖東三山とは! お寺なのになぜ三山なの?

湖東三山は、滋賀県の琵琶湖の東側、湖東地域にある西明寺・金剛輪寺・百済寺の三つの天台宗のお寺の総称で、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、紅葉の名所として知られ、日本の紅葉名所百選にも選ばれています。 お寺の名 ...

%e5%bd%a6%e6%a0%b9%e5%9f%8e%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%82%92%e3%82%81%e3%81%96%e3%81%97%e3%81%a6%ef%bc%81

2018年07月09日
彦根城の世界遺産登録をめざして!

彦根での「盆梅陳列会」は、昭和2年ごろに楽々園から玄宮園へと移転したものの、明治17年(1884)ごろから昭和10年 (1935)ごろまでの約50余年にわたり催されていたと想われます。開催中は多くの来訪者で賑わいをみ ...

%e7%9b%86%e6%a2%850704

2018年07月03日
ミステリー、盆梅はどこへ行った?

「日本新聞探勝号」(昭和2年4月5日発行)によると、嘉義樓さんは、明治17年(1884)から昭和2年 (1927)までの約40余年にわたり、楽々園を旅館として営まれていました。その間、楽々園で盆梅陳列会を催されていたと想 ...

img_4086-2

2018年07月02日
楽々園での盆梅陳列会は、当時旅館として営業されていた多賀の嘉義樓さんの催しでした!

楽々園盆梅の写真を掲載している近江鉄道のパンフレット(昭和10年代)は、裏面には「多賀の盆梅」として説明されていました。 ★近江鉄道パンフレット裏面の案内 『多賀の盆梅 駅前壽の盆梅は其鉢数六百余、愛梅家の ...

%e6%a5%bd%e3%80%85%e5%9c%92061805

2018年06月25日
かつて楽々園で盆梅展が開催されていました!

楽々園は、明治14年(1881)から平成6年(1994)までの113年間、民間業者により旅館として営まれていました。その際にも建物は一部増改築されているそうです。 昭和22年(1947)には、「玄宮園」とともに「楽々園」を ...

img_3406

2018年06月18日
「楽々園」の特別公開に行ってきました

  特別公開の「楽々園」の「御書院」は、文化10年(1813)、11代藩主井伊直中(いいなおなか)が隠居後の住まいとするに際して、12代藩主井伊直亮(いいなおあき)の時代に新築されたものです。このときの増改築は、 ...

s__3375116

2018年03月03日
今日はひなまつり! 湖国各地でひな人形展が開催されています (2)

  日野ひなまつり紀行の大きな特徴は、『桟敷窓』と言われる窓越しに道路からひな人形を眺めるという、日野町独自の鑑賞方法です。5月に開催される「日野祭」では、この『桟敷窓』を通して家の ...

s__3375122

2018年03月03日
今日はひなまつり! 湖国各地でひな人形展が開催されています (1)

湖国滋賀では、1月から4月にかけて「ひな人形めぐり」が、彦根・長浜・愛荘・東近江・近江八幡・日野などの各地で開催されています。 その中から『日野ひなまつり紀行』を紹介します。 2月上旬~3月上旬、日 ...

1 / 212

Category
カテゴリ

Archive
月別アーカイブ