新着情報
News

  1. ホーム
  2. 社長のブログ
  3. 彦根城の世界遺産登録をめざして!

2018年07月09日
彦根城の世界遺産登録をめざして!

彦根での「盆梅陳列会」は、昭和2年ごろに楽々園から玄宮園へと移転したものの、明治17年(1884)ごろから昭和10年 (1935)ごろまでの約50余年にわたり催されていたと想われます。開催中は多くの来訪者で賑わいをみせ、観光政策として大成功したにもかかわらず消滅、現在はそのカゲすら感じることはできない状況です。

今、盆梅展と云えば、多くの人は長浜が脳裏をよぎることと想います。長浜盆梅展は、昭和27年からはじまり、来年は68回目を迎え、今、すでにその開催内容がネットで紹介されています。長浜は盆梅展第1回開催に取り組んだあと、大通寺で「あせび展」を催し、総持寺には牡丹を、神照寺には萩というように観光地の特徴づけを行うなど、年間を通して楽しむことができ、観光客を招き入れるシステムを、市民の創意工夫で創り上げたように思います。

彦根も、彦根城の世界遺産登録を目指してガンバリましょう。

%e5%bd%a6%e6%a0%b9%e5%9f%8e%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e9%81%ba%e7%94%a3%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%82%92%e3%82%81%e3%81%96%e3%81%97%e3%81%a6%ef%bc%81

Category
カテゴリ

Archive
月別アーカイブ